スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ささめきこと「第2話 かわいいひとたち」

2009年10月19日
女の子が女の子を好きな話なので、ユリ系なのかと思ったんですが、別のようにも見えますね。
汐はかわいい女の子が好きなだけで、特に恋愛をしたいのかどうかもうひとつよくわかりません。
振られたら、次、と簡単に別の人を好きになっていますからね。
なんとなくユリというよりも、ただのかわいいもの好きというかんじもします。
純夏も自身が長身で道場育ちということもあって、女の子っぽくないというコンプレックスからかわいい女の子である汐が好きなのかもしれない。
汐に理想の女の子を見ていて、それが恋だと思っているのか、それともほんとうに女の子である汐が好きなのかどうか。
今のところ二人とも男子に特別拒絶反応があるようでもないので、汐も純夏もユリというよりも、ただあこがれている、好ましいと思っているというのが本当のことなのかもしれません。
まだ始まったばかりなので、わかりませんけどね。
さて、そんな二人に絡んできた副委員長の正樹。
純夏に気に入られようと女装を始めたといっていますが、(恋する人は時として人からはバカとしか思えない行為でも名案だと思って実行しますけど、ホントぶっ飛んだ考えです)写真撮影や部屋着でのフリフリの服の様子だと、目覚めてしまって女装が楽しいという雰囲気ですね。
このかわいい女の子というルックスで実は男というポジションは、汐が好きになってもいいようなかんじで、三角関係成立となりそうですが、どうでしょう。
女装の正樹のかっこうを見ても純夏は変態と思わなかったし、こちらの恋愛関係もアリの感じですね。
ところでこの作品はコメディなのかなぁ。それともシリアスなマジな話になるのか。
オープニング曲はもう切なげな曲なのに、顔がギャグしたり、BGもコミカルな音をつけたりしてますよね。ちょっとどっちつかずで、もうひとつ作品の方向性がよくわかりません。
でも、すごく面白いです。


未分類 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。