スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

青い花「恋は盲目」

2009年08月26日
あーちゃん経由でいろいろ情報があっちにもれ、こっちにもれ。
女の子ですからこうゆう恋話は、自然に流れてしまうんでしょうけど、あまり下卑た感じがしないのはあーちゃんの明るくも、世話焼きな人柄でしょうか。
悪意とか下世話な感じのしない、きずかった距離があるぶん、憎めない娘です。
問題を広げているように見えても、意外とそれぞれの誤解を解くきっかけになっているようにも見えましたし。
京子とフミちゃんが喫茶店で喧嘩になることなく、お互いに恋が辛いのだ、と泣けるシーンはすごく良かった。
杉本に嫌われているとわかっているのに、それでも思いを断ち切れないと泣く京子の涙。
あーちゃんの大切さを確認するも、やはり杉本との時間を振り返って泣いてしまうフミちゃん。
二人を気持ちが通じたのも、おしゃべりなあーちゃんのおかげ。
お花を摘みに、は二人をきずかってのことでしょうか。
なんとなくホントにトイレに行っただけのようにも感じますけど。
あまりギャーギャーと口喧嘩にならないのも、この作品の雰囲気で、良いです。
未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。