スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夏期限定トロピカルパフェ事件

2009年05月28日
創元推理文庫の小説です。
ヒロインは小学生のような外観の高校生で、髪は尼そぎ、とおかっぱ頭かボブカットの親戚のような髪型。一見小市民的でおとなしそうだけど、その内は人の悪意は忘れず、復讐するときを淡々と狙っているような人、と見た目と中身が非常に差があり、ちょっと敵にするとあぶない。
そんな彼女が営利誘拐に巻き込まれて・・・。
主人公との互恵関係も彼女の行動によって終わりをつげてしまうのは残念ですが、しょうがないですね。
彼女の行動はやはりやりすぎというか、一線を超えていますから。
前作では日常のささやかな出来事を解決していたんですが、今回は誘拐と出来事から事件というレベルに変化していってしまって、バワーアップして楽しくも残念です。
事件となってしまっただけに彼女のクロい部分、過去に捨てたはずのものがひょっこり顔を出してしまいました。
彼女の過去がどんなものだったのかは気になるところではあったんですが、うーん。
前作からずいぶん時間をかけて続刊の発行。今回夏期ときたことで、秋期、冬期と続くようですが、彼らの関係は改善されるのでしょうか。
元通りになってほしいなぁ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。