スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ライドバック

2009年04月08日
ライドバックのデザインがすごくよかったです。
この作品、いわゆるロボットアニメがやりたかったのかなぁ。
まず最初にライドバックのデザインがあったと思うんです。
そしてこのマシンを戦闘用として動かせる世界を作っていって、
ロボットアクションをしたかったのかなぁと。
ライドバックのサイズからすると雰囲気は軽装甲車という感じなので、
大規模戦闘には向かない。
あまり大きな重火器ももてないし、自然に機動力を生かした市街戦、ゲリラ戦向きになるんで、
あんな感じの世界、社会背景ができたんだと思う。
で、ヒロインなんだけどノンポリのほうが扱いやすいし、テーマが重くはならないだろうし、
革命の戦士に育てる時間もないし、見るほうも入り易い。
元バレリーナということで、アクションのしやすさや、フェーゴとのマッチングを考えたんだと思うけど、最後まで戦う理由がなかったので、困ったヒロインが暴走してしまい周りがあたふたするという、ちょっともったいない作品でした。
世界観は学生運動のころにライドバックをプラスした感じで動かしたかったんだろうなぁ。
漫画は一巻しか読んでないけど、そんな雰囲気よく出てたし。
でも、彼女を学生運動の闘士にするのは現実の学生運動がジリ貧で終わってしまったし、
難しいかなぁ。最終的な勝利の持っていき方、ハッピーエンドもたいへんそうだし。
アニメではGGP内部で右派を一掃という火消しで決着をつけたしね。
バレエで失ったものの代わりをフェーゴとの出会いで見つけるのは良かったけど、
戦闘のかかわり、もしくは参加をもう少し魅せてくれるとよかったかなぁ。


未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。