スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鋼の錬金術師「錬金術師の苦悩」

2009年05月08日
前作のテレビシリーズと映画版で一応完結してましたから、今回ハガレンが新しくなると聞いてどうなるかと思っていたんですが、こうも早い時期にリメイクだとは思いませんでした。
だからタイトルもわかりずらい「鋼の錬金術師フルメタルアルケミスト」なんですね。2とか新とかではなく。
前作のハガレンでこの作品の存在感を知らしめたのは、このキメラの話だとおもいますが、タイトルも内容も前作のほうが上のように思います。
今作はより原作に近いつくりとは言われてますが、それほどキャラクターデザインが変わった感じはせず、やや絵から力が抜けた感じで、それにあわせてギャグなどの崩した絵も出来やすくなったという雰囲気。
キャストも一部変更と中途半端です。主役の兄弟二人を変えないならロイ・マスタング変えちゃだめでしょうw。変えるなら全部変えてほしかったです。
そもそもこのリメイク版も前作がヒットしたので無難なセンとして製作されたような感じでちょっと不満。リメイク自体はアリだとは思いますが、原作自体はまだ未完だし、大きくアレンジしなおしたわけでも、映像技術に進歩があっての製作というわけでもない。
リメイクするには早すぎです。
それだけに今ひとつ気が乗らないです。
今回のハガレンの体表作の話の出来が今ひとつだったので、特にそう思ってしまいます。前作と見比べる楽しみはあるのですけど、あまりよくはなさそうです。
ところでこのキメラの話。エルリック兄弟もこの錬金術師も似たり寄ったりというか、同類にかんじます。
禁忌を犯してしまった兄弟の今の目的は、失った体を取り戻すこと。それはもう一度人体練成を行うことで、それはもう一度禁忌を犯すことなのではないかと思うんですが、どうなんでしょう。
このままの姿でいることが、禁忌を犯した兄弟の永遠に背負うべき罰のようで、二人はそれを受けいれるべきなのでは、と感じてしまうのですが。
だから、あのキメラの錬金術師への反発は違和感を感じてしまうのですが。それとも図星言い当てられて、思わず激怒してしまったと言うことなんでしっょうか。
それでも兄弟の目的は変わりませんが。
兄弟の失った体を取り戻す旅、というのが今ひとつしっくりこないです。
錬金術の謎に迫る旅、と言うのはわかるんですけど。
今回のシリーズ。どんなラストを迎えるでしょうか。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。