スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ストライクウィッチーズ2 第七話 モゾモゾするの

2010年09月07日
超高層型の次は昆虫型の超小型ネウロイ。
木に集まる昆虫に興味を示すのはやっぱりルッキーニ。
ローマっ娘は昆虫が好きなのでしょうか。
昆虫といえばファープル昆虫記が日本では有名ですけれど、ファーブルの母国フランスではあまり有名ではないようで、ヨーロッパ自体あまり昆虫に関心はないようなんですけれど、ローマ帝国時代は日本で秋の虫の声を楽しむように、昆虫の声を愛でたといいますから、ローマっ娘のルッキーニが興味を持つのが自然でしょうか。
一番こどもでもありますから、そうゆう面でも自然ですね。
天道虫のようなネウロイをそうとはしらずに基地に持ち込んで、逃げ出したネウロイは何故かウイッチのバンツにもぐりこむ。
停電騒ぎを起こしてますし、エネルギーのあるところに集まり吸収するということなんでしょうか。
丹田とか気を発する場所つまり、お尻に集まったということかな。
丹田はお尻というか、もっと下のほうになるんですれど。
ひとたたきで破壊できそうなネウロイですけれど、巧妙に逃げ回ってミーナのパンツの中に。
お尻の引き締めでネウロイ撃破。
おそらくは史上初のお尻でネウロイを撃墜したウィッチ、しかも記念すべき200機目。
司令部への報告書には正確に報告されたんでしょうか。
きっと、ミーナ中佐はお尻でネウロイを撃墜した女とか、ネウロイを撃墜するほど魅惑的なお尻を持つ女とか、ほかの基地のウィッチにうわさが流れているかもしれない。
今回の話がミーナ担当回だとするとさびしいですね。
彼女メインの話はどうなるかなぁ。

未分類 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。