スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

けいおん!! 第14話 『夏期講習!』 感想

2010年07月10日
ユイもミオも腐れ縁という幼馴染がいるので、そんな中でのお嬢様なムギはどうしてもお客さんという印象はあります。
そんなムギがみんなと気の置けない友達という関係になりたいというシーンが多いです。
けいおんでいちばん変化を見せるのは、軽音部に入部したユイよりもムギですね。
彼女がいままでどんな学生生活を送ってきたかは、想像に難くないのですが、そんな中でこの桜ヶ丘女子に普通の学生生活に憧れてきたというのは、よくわかります。
だからお約束のような学生生活のイベントや、友人とのスキンシップをコナしたいというのも。
でもまわりからみれば、彼女のボケものんびりした雰囲気や天然というのもあって、つっこみづらいというのもありますし、でもだからこそ、ムギが遠慮ない突込みとかスキンシップを求めてしまうのも。
わざわざお願いしますと頭を下げて、つっこみ待ちをする勘違いも彼女らしい天然ボケぶりです。
というような話でしたが、今回の話の一番のつかみはミオの涙でしょう。
ショートケーキのイチゴをムギに獲られて、どうしていいかわからず、大粒の涙かうるうるとたまってくるシーンは○。
相手がリツなら速攻パンチが出たんでしょうが、ムギだけに思考が止まってどうすることも出来ないw
やっぱりユイの言うとおりショートケーキのイチゴは大事だということで、ノドカは罪作りなのでした。
一口どうぞと言われても、ショートケーキのてっぺんのイチゴはやっぱり取りづらいよね。

未分類 | Trackback(2)
Trackback
ムギは”嫁”というよりは”娘”だなと認識。けいおん!! 第14話 『夏期講習!』 の感想です。
夏休みはまだまだ終わらない!「けいおん!!」の第14話。 ネタ「話が膨らまなかった第14話」もどうぞ。 澪を遊びに誘う律だが夏期講習の...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。