スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第10話「5回裏、2対5」感想

2010年06月17日
サヤマのキャッチーのラフプレーの前フリが、かなりはっきりしていたので予想できたことですが、クロスプレーにて阿部が負傷。退場することに。
動揺するミハシをはじめとするナインですが、実のところチームの成長には悪くはない状況です。
いままでアベが完全に一人でゲームメイクしていましたからね。
モモカンの指示はありましたけれけれどマウンドではミハシはアベに頼りっぱなしでした。
今回の試合ではサヤマのアベ対策が完全だったために遅れをとりましたが、それに気づいたアベの対応策もソロソロ怪しくなってきていましたから、タジマへのキャッチャー変更は、データが取られていない分プラスな面があります。
ミハシは「オレを頼ってくれ」なんて頼もしいことを言いますしw
マウンドで見せた初めての強気な発言。
これは大きいですよね。このバッテリーでミハシは大きく成長しそうですけれど、不安は初キャッチーのタジマの配球。
それにポジションチェンジに補欠メンバーの実践投入と守備に不安な面も少なからず。
自身の不安を吹き飛ばそうと掛け声を張り上げるタジマと、そんなタジマを中心にまとまるニシウラナイン。
ハナイキャプテン、練習ではうまく仕切っていますけれど、試合ではあまり頼りにならないなぁ。
ここはハナイがいろいろ声を掛けてチームを纏めてほしいところでした。
さて、ゲームの展開はいかに。




未分類 | Trackback(1)
Trackback
モモカンは三橋が首振らないの気付いてなかったのかw言われるままに投げてた三橋に試合後の説教が怖そうw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。