スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

刀語 #6「双刀・鎚」 感想

2010年06月17日
六本目の刀は双刀鎚。
ここまで順調に勝利し刀を集めていましたが、今回は負ける話と決めていたようで、シチカ簡単に負けますね。
相手の情報がなくて、特に策を考えていなかったし、重い刀を運んでもらうために傷付けることができなかったという理由はありますが、コナユキに負けるかなぁ。
居合いの達人とか最強の剣士を倒したシチカなら、コナユキの攻撃は避けられるはずだし、簡単に負ける勝負ではなかったでしょう。
思わぬ敗戦にて負傷したとはいえ、コナユキは刀の毒にはさらされていないようで、説得すれば刀を渡してくれる様子。
しかしそんなコナユキを戦わせるのが、相変わらずの馬庭忍軍。
協定を結ぼうが、それに従わない忍もいるようで、仲間の敵討ちとばかりに暴走します。
まさに狂犬。
コナユキのパワーに目をつけ体を乗っ取ったばかりに動きが玄人となり、逆にシチカにも対等に戦えるように。
やっぱり力任せの素人に負けたのって、変だよね。
元々島暮らしで、武芸者との戦いの経験なんて、ほとんどないシチカなんだから、いまさら相手が素人、玄人と言われても。
トガメのゴーサインに全力で挑むのかと思いきや、体を操っている刺青だけを攻撃することに成功し、コナユキを無事開放。狂犬を倒すことに成功する。
片手で倒せるならコナユキ相手でも負けないだろう…とかまた思ってしまうなぁw。
狂犬の暴走を止めようとした真庭の棟梁が現れ、今回の事件の謝罪に身内を切り捨て、同盟を継続させる。
なんだかんだで、また真庭の人数が減ってしまいました。
真庭の情報提供により、他にも刀をあつめている人物がいることを知るシチカ。
おねえちゃんでしょうね。
刀を集めているのは。
コナユキの村を襲ったのもそうでしょうが、刀を奪わなかったのは、重くて運べなかったからか、雪崩に埋もれた村から刀を見つけることが出来なかったのか。刀の収集じたいには興味がなかったからか。
コナユキはメイサイのいた神社へと向かうことになりますが、やっぱりメイサイは残ってほしかったなぁ。
最近はみな刀の所有者が生き残ってますが、これはシチカの成長の証でしょう。
それゆえメイサイが消えてしまうのは、前段階として必然だったのかもしれませんが、メイサイは生き残ってほしかったな。
次は最強ながら病気持ちの姉との対決でしょうか。
予告どおりの結末になるのか、またサプライズがあるのか。
トガメの活躍する場面はあるのか。トガメはこの旅ではあまり成長していないなぁ。









未分類 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。