スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話 『旅立チ・初雪ノ頃』 感想

2010年03月10日
この作品結構深いイイ台詞がありますね。
ゴールにたどり着いたと思ったが、実は単なる行き止まりだった。
それでも、迷った先でもきっとある出会いに感謝するカナタは、全てを肯定的に受け止めてくれます。
カナタの素直さは彼女の育ちのよさからなんでしょう。
カナタの家族の暖かさと愛情はよく表されますが、一方でそんな村を捨て軍に入隊したのは、ラッパの魅力に魅かれたことと、イリアとの出会い、そして若さからでしょうか。
カナタは兵役期間が終わったら家族の待つ故郷に帰るのかなぁ。それともこのまま軍に残るのか。
軍には残らない気もしますし、後輩にラッパを教えるようなことになるのかもしれないし、この砦の隊長にもなりそうです。
この作品の終わりッてなかなか想像できません。
補充兵を希望していたのも、リオが離れることを見越していたということなんでしょう。
当初予定していた兵でなく、ラッパを扱う通信兵なのも実はそう希望してたからで、フィリが感のするどい子だから、とも言ってましたね。
気持ちの踏ん切りは着いていないながらも、いつまでもこのままではいられないと思っていた。
ここがゴールではなく、行き止まりだと思ったときから。
どうでもよい場所だった砦が、真剣に離れたくない場所になったことで。
川での出来事やジャコットの過去など、いろいろな出来事がリオの過去と苦悩を掘り起こし、カナタが一人前になったこともあり決心がつきました。
フィリもなんとなくそうなる日が近いとは思ってたのでしょうけれど、未練でしょうね。
カナタが閲覧を希望していた軍事年鑑の行方を恍けてしまったり、イリヤの写真を見せられるのに慌てたり。
出会いはきっと最悪だったに違いないフィリとリオでしょうけれど、いまは心の置けない間柄のはず。この砦で一番成長したのはリオなのでしょうね。
二人の出会いも見たかったですね。
幻覚を見て雪の中に消えたジャコットと、その意味を知って涙するカナタたち。
砦でリオのトランペットの音に合わせペットを吹くカナタと良いシーンが多かったです。
ちょっとしんみりしてしまう話でしたけれど。
いよいよタケミカヅチに足がつきました。これで活躍の機会が訪れるのかなぁ。
隣国との交渉や状況など、少しきな臭い雰囲気が漂ってきています。
いよいよ実戦がはじまるのでしょうか。
それにしても敵とか、歴史とか、どうして今の世界になってしまったのか気になります。
作品としてはソコはありまり重要ししていないようですが。
未分類 | Trackback(6)
Trackback
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 軍事年鑑のあるページを開き、 どこか塞ぎ込んだ様子のリオは、ずっと悩み続けていました。 自分のすべきこと、 自分にできることとは一体なんなのか……。 そんなリオを心配するカナタでしたが、 うま...
あっという間に第10話、話数が2桁に到達しましたね。気に入ってるアニメで終わりが近くなると、どういう結末になるかを待ちわびるとともに終わることへの淋しさも感じたりします。 さて、季節は秋も終わり冬を迎える頃かしら?カナタが赴任してきて半年。楽器もけっこう
今回のサブタイでリオが小隊を去ることになるのは読めてたけど、 「去る決意」をして終わるんだと思ってたので、ほんとにいなくなっちゃうとは予想外。 冬の時期の話は結構シビアだったりするので最終話まではシリアスな話が続くかも。 最終話は再び春がきて…リオが隊...
焼き芋も美味しい季節となり、カナタが砦に来てからも半年です。 カナタのラッパも耳栓なしで聴けるようなりました(笑) カナタはイリア...
 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」 軍事年鑑のあるページを開き、 どこか塞ぎ込んだ様子のリオは、ずっと悩み続けていました。 自分のすべき...
アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の第10話。 手紙を燃やす梨旺、そこに届くタケミカヅチの大きなパーツ。 カナタが時告げ砦にやってきて半年が...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。