スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

刀語 第1話 -絶刀・鉋- 感想

2010年02月09日
虚刀流。
名前は凝っていますが、つまりは無刀流ですね。
実戦においては刀が折れたり曲がったりするので、鞘で戦ったりすることや、無刀での戦い方も流派によっては教えているようです。
中には刀をだんだん短くして実力をつけていき、最後には無刀での戦いを極めるというのもあるそうです。
無刀で剣客たちと戦うというアニメ、ありましたね。
なんていうタイトルか忘れてしまいましたけれど、あれは空手だったかな。
あまり空手にならないほうが自由度が高いですし、虚刀流ならではのスタイルが見てみたいです。
敵は変体刀ということで、いろんな刀が出てきますし、どんな刀なのか楽しみです。
なんか銃のような刀があるのが気になりましたけれど。
それにしてもヒロインの秘密を第一話でばらしてしまいました。
最後になって実は…となりそうなところを最初にばらしてしまったということは、更に何か秘密があるのでしょうか。
幕府の思惑もヒロインの復習という思惑もでてしまっているので、更なるどんでん返しがありそうです。
本当に主人公が天下を取ってしまうとか。
ただ刀を集めるだけでは終わらなさそうです。
それとも刀を全部集めると、シェンロンとかなんか出てくるのでしょうかw
それにしても姉さんは島に一人残っているんですよね。
彼女は今後どうなるのかなぁ。
主人公の帰る場所として存在するのか、島を出で活躍するのか。
放送日時が不規則なのがちょっときになりますが、一話一時間で完結というのは見やすいかな。
未分類 | Trackback(2)
Trackback
刀語 第1話「絶刀・鉋」感想 ちぇりおー!
時は戦国、乱世の時代――刀を持たぬ最強の剣法があった 西尾維新原作の「刀語」、ようやくBSフジで見ました♪ 予告でしたが、とがめの...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。