スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鏡原れぼりゅーしょん

2009年04月21日
一迅社文庫のライトノベルです。
男の子1人と女の子2人の精神と体の入れ替わりものです。
体が入れ替わるという設定は、読み始めのときはまだキャラクターが掴めていないので、いろいろ混乱してしまうのですが、慣れるとお約束の異性の体で混乱する様子が楽しいです。
これもやりすぎるといろいろ引いちゃったりするんですが、女の子の体にどぎまぎとこの作品は軽めで面白かったです。
でも入れ替わってしまう理由と暗殺の依頼の理由と、謎が二つほど残ったままで終わってしまうのが残念ですね。次巻への振りなのか違うのか。
この二つの謎を物語として自然に絡めてまとめてくれると良かったんですが、そこまで話が行かないのがちょっと強引な感じで残念でした。
軽く楽しい作品ですし、続きができる振りもあるし、二巻目あるといいなぁ。
そのときは謎、解明してほしいなぁ。


未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。