スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第3話 「4月8日~9日 決断/12月10日 カップ小さいですから」 感想

2010年01月25日
Aパートで二年生編、Bパートで過去である一年生編の組み合わせでの放送になるんでしょうか。
新一年生の話をもっと出してほしい気もありますけれど、ゆのたちと先輩たちの話も良いです。
後輩が出来たことで、進路の話や先輩としての立場の話と、今までにないカタチがてきて面白いです。
ただ卒業とかの匂いがでてきちゃってちょっと寂しいですね。
二年の授業での選択科目は、平面、立体、情報。
ヨシノヤ先生のあの行為からすると、立体の希望者が増えそうw。
ジョウホウも頭に触れているだけだったので、よくわからなかったんですれど、情報。パソコンでの授業なんですね。ミヤコとの会話がなかったら分からなかったw
自分で考えて選択授業を決めようとするユノに対して、阿弥陀で決めるミヤコ。
性格が出てます。でもその事実を知ったユノにしてみたら、悩んでいる自分は何なのかとw
ケセラセラのミヤコは大物になりそうw
こうゆう人物って上手いこと世間を渡っていくんだろうなぁ。

喫茶店でユノとお茶するサエですけれど、相変わらず見栄っ張りです。
コーヒーをブラックで飲むけれど、アパートに帰ればコーヒーにミルクと砂糖をたっぷり。
見栄っ張りなのは直したほうがいいのでは、という感じですね。
特にユノやミヤコに対しては。もっと自然な姿を見せてやってほしいです。
エスプレッソは、名前に惹かれて始めて注文したときには、味は濃いし、カップは小さいしで同じように驚きました。
今回のユノの気持ちはよく分かります。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
未分類 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。