スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バカとテストと召喚獣 第3話 「食費とデートとスタンガン」

2010年01月25日
罰でミナミとミズキの二人の付き添いに映画鑑賞。
月々の食費が減ると意気消沈するも、途中でデートと気づいて気分上昇、足も軽々。
といっても学生ですから、やっぱりデード代は痛い。
仕送りはあるようですけれど、すべてゲームソフトの購入につぎ込んでいるんですね。気持ちはわからなくもないですけれど、自業自得な貧しい食生活。
そこまでつぎ込まんでも、という気がしますけれど、ソフトは新品で買ったら結構するし、月の食費でいくらくらい仕送りされているんでしょう。
これが昔なら映画につぎ込んで昼抜きですが、ゲームソフトなのがいまどき。
それにしても戦争と平和という映画。七時間なんてそんなに長い時間の映画があるんですね。
地獄の黙示録も三時間を超える作品と長いけれど、これば遥かに長いですね。
風とともに去りぬも時間が長くて、ネタに使えそうだったけれど。
お金が風とともに去りぬでw
さて、BLのフラグが立ちました。
登校途中で、パンを加えた男子高校生とぶつかるというベタな展開。
原作にはなかった出会い方だと思うけれど、面白い展開でした。
ゴミ袋の書き文字も笑えます。

担任が変わりましたね。
Fクラスなんて今までの担任の先生も貧乏くじを引いたかなと思っていたんですけれど、鉄人に変更。
これから厳しくなりそうです。
アニメの先生もいまどきな感じの人が多いので、鉄人みたいな先生はちょっと新鮮ですね。
先生が先生らしいのもこの作品らしいですし、結構好きです。

ところで書き文字が結構多いんですけれど。CM前のバカテスとかテキストとか。
あれがほとんど読めないのは、アナログだからでしょうか。
ちょっときついなぁ。




未分類 | Trackback(1)
Trackback
バカとテストと召喚獣 第1巻 [Blu-ray](2010/04/23)下野紘原田ひとみ商品詳細を見る 吉井 明久君の食事情に吃驚だ。カップ麺を割って食べるとは思い...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。