スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オオカミさんと毒りんごの効かない白雪姫

2009年04月16日
電撃文庫のライトノベルです。
小説の登場人物の名前って役の性格や見た目に合わせた名前を付けることが多いですが、これもそうですね。
御伽噺や昔話の登場人物をモチーフに名前をもじって書いています。
赤井林檎とか、白雪姫乃とか、竜宮乙姫とかね。
最初に設定していた主人公の仲間より、あとからの登場人物、乙姫さん太郎くんコンビがずいぶんキャラ立ちしていて、看板キャラになってきています。当初は四巻予定だったようですけど評判がいいのか、いろいろノって書いている感じですね。こうゆう楽しいキャラが中ほどで増えるものもだからなんでしょう。表現の敷居も低くなっているようでw楽しいです。ラノベですし色々行き過ぎると微妙なことになってしまうんですが、やっぱりバランスが大事ということで。
ところでロリキャラの「~ですの」しゃべりはどこが起源になるんでしょう。赤いショートの髪で腹黒ロリの林檎さんが結構いい味出してます(性格はいいんですよw)。
キャラ分けでみな個性的なしゃべり方をしているんですが、ですのしゃべり、思った以上にすんなりいけますし、読んでいて楽しいです。逆に桐木リストくんの「~?」という問いかけしゃべりはちょっとなれないなぁ。
林檎さん。昔の名前は毒島林檎だそうでw。
因みに主人公の名前は森野亮士くん。メインヒロインの名前は大神涼子さんとなります。
性格、わかりますかw?
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。