スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

君に届け「協力」

2009年12月11日
いよいよ胡桃ちゃんのターン。
いままで他人を動かして、好きな状況を作ってきた彼女ですが、サダコへの牽制が思いのほかうまくいかず、直接攻撃、カゼハヤが好きだから協力して、という行動にでました。
見事な牽制ですね。
この友達が好きになった人だから自分は好きになれない攻撃は、イロイロ色恋沙汰に関しては使い古されたパターンですけど、効果高そうです。
それだけにこの壁をクリアした場合は、一気にカゼハヤとサダコの関係が進みそうですけどね。
今までカゼハヤを好きになった女のこへ、間接的に橋渡しをしたのは、カゼハヤが断ることを確信していたんでしょう。
ただし自分が告白しても、見込み薄だとおもったから、カゼハヤは皆のもの協定を画策したのでしょうから、今回の行動は胡桃ちゃんにとっても、かなり思い切った行動でしょう。
もともと見込みがあればいつでも告白したでしょうからね。
とにもかくにも罪作りなカゼハヤくんです。
胡桃ちゃんの本名は、クルミザワ ウメ。
ウメちゃんという名前は、彼女のような美少女にとってはイヤな名前でしょうね。
今後名前が広がらないようアタフタすることがあるかもしれません。
まだコウメならかわいいんですけどね。
完璧少女の彼女にとってはアキレス腱です。
さてこれで関係がいろいろ発展しそうですけれど、どうなるでしょう。
胡桃ちゃんは、勝機があっての今回の作戦なのか、サダコ危険とみての非常行動なのか。
彼女としては、とりあえば自分が一番カゼハヤに近い女の子ポジションをかけての行動だけに、どうなるでしょうね。
未分類 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。