スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ささめきこと「二人の夜」

2009年11月17日
先輩との仲直りにいまひとりこだわりかあるようで、もうひとつ踏み込めない汐。
逆恨みされて号泣した後ですから、感情がぐるぐるとして落ち着かないというのもわかります。
だだ本当に好きだったというか、恋していたのかというとどうなんでしょう。
汐のキホンはかわいい女の子が好き、なんですよね。
恋愛なのかは、もうひとつはっきりしないところ。
いままでも好きになっては振られた、というのを繰り返していましたけど、あんなふうに恨まれたことはないでしょうから、ショックだったことは間違いないでしょうし、それだけに強烈な印象を先輩は残しているのでしょう。
それをきっかけにスミちゃんの家にお泊り。
何どか彼女の家に泊まっているようですから、いっしょにお風呂なんてことも今までにあったでしょうに、まるで今回がはじめてのように、新鮮な反応をするスミちゃん。
鼻血吹いて気絶は勿体無いことをw
でも汐はスタイルいいですね。
スミちゃんが背が高くて、雑なところがありますから、汐の女の子らしさに憧れもあるのかなと思います。
スミちゃんの恋も恋愛なのか憧れなのか、どうなんでしょう。
機会あるごとに汐のスミちゃんへのいい友達宣言で、終わりますが、近すぎてきずかなかった大切な人、という展開への布石は十分ですね。
二人の恋が成就するのかどうか。カギというかキッカケになるのがアケミヤ君だと思うのですが、どうでしょう。
ラストのスミちゃんの待つよ、が印象に残ります。

未分類 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。