スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第五話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

2010年11月07日
夏コミの帰りに出会ったアヤセ。
彼女は撮影の仕事で来ていたようで、カクレオタでもなんでもありませんでした。
それどころか、大のオタク嫌い。マスコミで報道されるオタク絡みの事件にかなりキレているオタク嫌い。
一般人の普通の反応というよりも更に偏執的な嫌いなようで、親友であるキリノのオタク疑惑に××な態度で詰め寄る。タイトルの××がどの方向性での意味かと思ったらこっちの危険なほうでの意味でした。
ヤン系の危ない感じで、親友を思ってが熱になり更に頑なな態度を取るアヤセ。
オタクをとるか私を採るかと詰め寄りますが、やっぱりオタクが捨てられないキリノ。
キリノのかった同人誌が決定打になって、絶好宣言をするアヤセ。
中学生くらいだとエッチなことに興味を持つ子と、潔癖感から拒否反応をする子と分かれるでしょうが、アヤセは完全に拒否するほうだったようで、これはキリノとは相容れないですね。
後日、陸上の合宿を淡々とこなし、一見アヤセとのできごとも影響がないようですが、実はレギュラーとして選ばれたものとしての責任を十二分に理解してのことで、問題のわだかまりは残ったままなのでした。
ここがさすがに優等生ですね。ネガティブな面を抑えるでも消化するわけではなく、自分をコントロールしきれているのがキリノのすごいところです。本当に努力家というか、周りを見ることが出来る出来た子だ。
問題解決に先に動いたのはキョウスケで、こちらもちゃんと兄貴していて頼れる存在です。
先に素直に相談を持ちかけられないのはキリノの一番弱い所ですかね。
というわけで人生相談という名のオタク問題相談。
まずはオタク事件のことを調べるため、父親に土下座してまで事件の情報を得ようとしますが、お父さん警察官なんですね。なるほどー。階級もちょっと高そうなかんじで部長とかでしょうか。
事件の真相を聞きだし攻め手を得ることが出来ますが、オタクが犯罪者予備軍という雰囲気まで崩すことは出来ず。で、キョウスケが泥を被る奥の手で。
つまりそれはキョウスケの妹を愛しているという趣味で、それをキリノが読むことで兄弟の絆を崩壊させず保っていると、なんとなく良くわからんけど、まぁ、キョウスケが悪いということでいいのかな。
でもこれってキリノがキョウスケにエロゲを強要しているのと同じようなことのような気がするんですけれど。
キリノもなんだかんだいいながらキョウスケのことをアニキとしてすきという事でしょうか。
ただのオタク仲間ほしさだけではないでしょう。身近な人間に理解してほしいとうのもあるのかな。
それはまだ黒猫たちと知り合う前のことでしたし、外では見つけられない分、一番手軽な存在というのもありますけれど。疑惑を持たれて必要に迫られてというのもありましたが。
口は悪いですけれど、まったく関せずとうわけでもなく、よく喧嘩する仲の良い兄妹というかんじですね。
何とか仲直りしたアヤセとキリノ、キョウスケにもアヤセからフォローのメールが。
キョウスケの一芝居には気づいたようですけれど、アヤセキョウスケルートはないかんじのメールですね。
それにしてもキリノにエロゲもアンタも同じくらい大事といわれても微妙な。
気持ちは伝わるんですけれど、冷静になって聞くとエロゲと同じレベルなんて、という感じです。
どんだけエロゲが好きなんだと。趣味は好きな人にとっては人生かける位好きになってしまうものなのですけれど。
キリノのフォローでどんどん変態のレッテルが広がっていくキョウスケでした。
アニキはつらいですね。
といっても次回は可愛い幼馴染のフォローが入りそうで、ちょっと羨ましいです。








スポンサーサイト
未分類 | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。