スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

レゾナンス 夕日の墜落

2009年09月30日
角川スニーカー文庫のライトノベルです。
ある男の元に送られたカード。形而上生活体現象研究対策局に属する主人公は、そのカードに魅入られた男にカードを手放すように説得するが、カードと関係あるとおぼしき少女を発見、同僚の女性に現場をまかせ少女を追跡するが見失い、まかせた男は事故にあってしまう。
着ていた制服から、主人公はカードを配ったと思われる少女がいる高校へ潜入調査を行うが、というお話。
脳に寄生した力、呪術、幻覚や精神攻撃とそれを操るものたちの戦いですね。
世界観がしっかりしていて、すきです。
主人公がまだ精神的に幼くて、ヒロインと恋に落ちてしまうのも、悲しいラストに向かっていながら、後味は悪くはありませんでした。
主人公に監視役である女性が付いていますが、コンビという関係がうまくいかず、彼女が主人公の孤独感や保護者としてすれ違い、不信感を募っているのも主人公の戸惑いがでていて、良います。
作品の雰囲気は好きですし、文もしっかりしていたので読みやすかった。
ヒロインの友達がアクが強いのに比べると、ヒロインが少しおとなしいかな。
もうすこしヒロインに魅力があるともっと良かったかも。
作者は続きに意欲を持っているようですが、まだ出ていないのかな。
続きがあるなら読んでみたいです。
ライトノベル | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。