スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

駅弁ひとり旅

2010年06月04日
新聞のサブカル面で紹介されていたので読んでみましたが、今ひとつでした。
東京で弁当屋をしている主人公が妻に店を任せ、駅弁を楽しみながら鉄道旅行をするという話なんですけれど、もーひとつ物足りないです。
鉄道旅に駅弁の紹介と鉄道ファンにとっては必要なところを抑えているのですが、それだけ。
主人公が中年ということもあって全体的におとなしいかんじで、自然大人目線というのがあるからでしょうか。
以前読んだ「たびてつ友の会」も鉄道旅行に駅弁を紹介するという漫画ですが、こちらのほうが面白かったです。
主人公が若いので、若さゆえのトラブルやアクティブさがありますし、若い女の子が出てくるというラブコメ要素があるからだと思いますけどw
スポンサーサイト
コミック | Trackback(0)

ちっぽけで素晴らしき日々

2010年03月25日
四季賞作。
二人組みの不良高校生と、転向してきた暗い女子高生の物語。
ルックス的にはきっとかわいいんでしょうけれど、長いぼさぼさの髪とオドオドした態度で周りから弾かれる転校生。当然のようなあだ名はサダコになります。
ストーリーはあまり驚くような展開はないのですけれど、不良同士の会話とか行動とかすんなりと読めるし、入っていけるので凄く読みやすい。
今回の掲載のなかではページが多いほうですけれど、一番読みやすかったし、先が分かっていても安心して読める展開でした。
絵柄はまだまたですけれど、リスペクトしている画風というのは良く分かりますね。影響を受けている作家が良く分かって、描きなれればどんどん絵も良くなっていくでしょう。
ストーリー読みやすさは一番だったので、それはこのままに伸ばしていってほしいです。
これも次回作が楽しみです。



コミック | Trackback(0)

世界のどこかで100メートル走

2010年03月25日
四季賞作。
徒競走のタイムに伸び悩むヒロインと昆虫好きな少年の物語。
ヒロインの絵柄がドコかで見たような気がする。
きっと作者がファンとしている作家から影響をうけているんでしょうけど、全体的に絵柄は完成していて好きな絵です。
ストーリーは良かったですけれど、ヒロインがはだかで走るシーンとか絵が少し物足りなかった。
少年はもう少し覇気があるとよかったかなぁ。
彼はなんとなく、まったりと流されるだけで、そのまんまで何の変化も成長もなかったのは残念かも。
作品の雰囲気は好きなので、この作者の次の作品ガ楽しみ。
コミック | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。