スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ウィクロス

2018年04月07日
アキラッキー♪
懐かしいキャラが一杯。
スポンサーサイト
アニメ | Trackback(0)

メルヘンメドヘン

2018年03月22日
顔が別人ってくらい崩れてる。
どんどん残念作品に。
アニメ | Trackback(0)

ラーメン大好き小泉さん

2018年03月22日
ベトコンラーメン。
南ベトナムー。
ベストコンディションとは思わなかった。
ラーメンフォーク、使い易いのかな。
アニメ | Trackback(0)

恋は雨上がりのように

2018年03月19日
連載終了。
ファミレスで雨宿りして、雨上がりの晴れ間。元の場所へ戻った感じ。
コミック | Trackback(0)

宇宙より遠い場所

2018年03月17日
個人種目とはいえ実力主義か年功序列か。
部の雰囲気にもよるけど、全力で走ることを薦めた陸上部員たちに悪意はなかったはず。
決してコンビニ娘の実力を妬んで落としいれようとしたわけではなく、彼女の為を思って薦めたにすぎない。
軽い気持ちで。気安さから。彼女の実力ならと。
ただ上級生からの思わぬ責に子供のように知らぬ顔をして、彼女を孤立させてしまった。
非はあれど理解できる状況だ。
しかし彼女はそれに耐えられず、イライラと鬱屈した思いを心の奥底に押し込め、学校からはなれ忘れようとした。
そんな彼女の悩みに気づいたのは南極バカ。
そして南極バカに暗黒面に引きずり込まれた感じがする。
嫌いな相手が不幸になったら
「ザマー、ザマー」
と叫びながら高笑いするネガティブさに染まってしまった。
これがもし青春ばかだったらどうなっていただろう。
幼いころからの親友が、その庇護下から抜け出したことに妬みを抱き、ぶつけてきた事を告白した友人に対し、
それを理解し、戸惑いながらも受けいれる寛容さを持った冒険ばかなら、きっと違った答えへと彼女を導いたと思う。
それはたぶん、南極バカとは真逆の方向へと。
人を呪わば穴二つ。
昔の陸上部員を許さないことで、彼女もこの不快な記憶に縛られ続けることになったはず。
ザマー、ザマーと嘯きながらも決して思いは晴れることなく、その茨のような言葉で自らを縛り上げたまま。
高校に行かなかったけれど、大検を受けて大学へ行こうと気持ちを上向きにさせていた彼女なら、他の選択もきっとあったはずなのに。
この旅が終わったとき、このまま南極バカのネガティブさに染まったままなのか、気持ちに変化が起きるのか。
なんか、このままを是としほったらかしのような気もする。

アニメ | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。